ホーム栃木HACCP研究会HCJ2016 フード・ケータリングショー給食セミナー報告

HCJ2016 フード・ケータリングショー給食セミナー報告

   

活動報告

三展合同開催 HCJ2016
第44回国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN 2016)
第37回フード・ケータリングショー
第16回厨房設備機器展
主催:一般社団法人日本能率協会/他
会期:2016年2月16日~19日,10:00~17:00(最終日16:30まで)
会場:東京ビックサイト東展示棟,東3ホール給食セミナー会場


「今から始めるHACCP!給食施設での取り組み」
~HACCPに取り組んだ実例から~
講師:株式会社エルスコーポレーション取締役副社長 鈴木展子

 毎年2月に三展同時開催されるHCJ2016に、株式会社エルスコーポレーション取締役副社長でもある当研究会事務局長の鈴木展子氏が、給食セミナー講師として招かれました。
 開催期間中の来場者は、前年の千名を超える5万5千800名以上が会場に足を運ぶ大盛況ぶりで、鈴木氏は、4日目最終日、19日(金)に講演をさせていただきました。
 これからの食品企業・給食施設は、国際的な食品衛生管理の方式であるHACCPによる管理が義務化となる方向に進んでいます。そんな追い詰められた状況の中、とにかくHACCPを始めなければ、しかし、難しいようだ、どうしたらよいかわからないと抱いている聴講者に、一般的な衛生管理の延長線上に結びつけられるものであること、食中毒をはじめ、異物混入や賞味期限の改ざんなど食品事故を絶対に起せない、起さないためにはどうするか、その原因分析や管理内容及び人の教育方法を、実体験や事例に基づきやさしくひも解きながら話を進め、さらに、HACCP「7原則12手順」を難しく考え、あきらめてしまわず、初めの段階では専門家に相談することも必要、今から始めることが大切とし、聴講者が聞き入る中、講演を終えることができました。 終了時には大きな拍手と、閉会後にはわかりやすく面白い内容だったと、セミナー講師として高い好評をいただくこともできました。

研修会・セミナーの様子