ホーム栃木HACCP研究会

栃木HACCP研究会

   

私たちの目標

栃木県内から食品事故を無くしたい、また、食品関係者の衛生管理に対する意識の向上及び健全な発展のために寄与したいとの願いから、栃木HACCP研究会は平成14年3月20日に発足いたしました。
すでにご存知のようにHACCPシステムは食中毒防止策として最も合理的な衛生管理手法として国際的に認められています。調理施設や食品工場においてHACCPシステムによる衛生管理を今後のように導入していくかが重要課題となっており、そのHACCPに精通した指導者の確保が強く望まれています。
そのため当研究会では、宇都宮大学教授:宇田 靖 氏を会長とし、HACCPという内閣総理大臣承認の産・官・学が力を合わせて、普及させ食の安全を確保したく努力しております国の制度を取り組み、NPO法人HACCP実践研究会と連携してHACCPに精通した人材の育成や食品事故を未然に防ぐこと、また根絶することを目標に活動しております。

◆NPO日本HACCP協会本部・・・URL:https://www.haccp.or.jp/
◆NPO法人HACCP実践研究会・・・URL:https://www.haccp.gr.jp/

研修会・セミナーのお知らせ

  •        

    活動報告

    HCJ2016 フード・ケータリングショー給食セミナー報告

     毎年2月に三展同時開催されるHCJ2016に、株式会社エルスコーポレーション取締役副社長でもある当研究会事務局長の鈴木展子氏が、給食セミナー講師として招かれました。
     開催期間中の来場者は、前年の千名を超える5万5千800名以上が会場に足を運ぶ大盛況ぶりで、鈴木氏は、4日目最終日、19日(金)に講演をさせていただきました。

  •        

    結果報告

    農林水産省補助事業・高度化基盤整備とHACCP導入研修会報告

     さる、平成26年10月3日農林水産省補助事業によるHACCP導入研修会が、NPOHACCP実践研究会主催、栃木HACCP研究会共催により宇都宮会場にて開催されました。
     午前の部は、高度化基盤整備を行う上での基礎やPP(一般衛生管理プログラム)の具体的な取り組み方の手順・手法・ゾーニング・動線計画の実践方法等の講義がありました。

  •        

    研修会

    農林水産省補助事業・高度化基盤整備とHACCP導入研修会(宇都宮会場)のご案内

     今後食品関連施設では、HACCP手法導入が必須の状況です。世界中で導入されているHACCPとはどんなものか、どんな価値があるのか、どのように活用するのか、食品加工施設を事例としたHACCPとその前提となる衛生管理について研修会を開催します。
     食品関連事業に携わる皆様、そして、関連業界に就業予定の方どなたでも無料で受講できます。